値段で選ぶウォーターサーバーの比較ポイント

ウォーターサーバーのコストパフォーマンスを比較する場合に、レンタル料と水代、電気代に注目をするとウォーターサーバー導入予算の全体像が考えやすくなります。まず、ウォーターサーバーレンタル料について説明します。ウォーターサーバーのレンタル料は有料のものと無料のものがあります。ウォーターサーバーの業者によっては、ある一定量の水を購入して使用する場合にレンタル料金が無料になるものがあります。

業務用などで多くの人が飲むために水の消費量が多いという場合は、レンタル料金が無料になるウォーターサーバーもありますので、この点がまずは比較検討のポイントです。

そして、ウォーターサーバーの水代は、500ml換算価格で比較できます。最低購入単位は8~36Lと幅がありますので、ニーズにあった量を比較して検討します。月々の電気代も比較しましょう。電気代を比較するというのは、エコモードなどの省エネ機能の有無で比較検討することがおすすめです。これらをふまえて考えると、ウォーターサーバーのレンタル料金が完全無料で、500mlあたりで換算した時に水の価格が安く、電気代かできるだけかからないウォーターサーバーがおすすめであると言えます。エコモードが搭載されていれば月々の電気代は30%ほどお得になると言われています。